【地盤沈下修正、液状化の復元工事】JOG工法の施工事例:大阪市西区某流通センター傾斜復旧工事の施工詳細

大阪市西区某流通センター傾斜復旧工事

マルカイコーポレーション物流倉庫沈下修正工事
更新日:

施工写真写真をクリックすると拡大します

建物全景表

建物全景表

建物全景2

建物全景2

注入状況

注入状況

参考図

参考図

その他の写真1
その他の写真2
その他の写真3
その他の写真4
その他の写真5
その他の写真6
その他の写真7
その他の写真8

建物概要

所在地 大阪府大阪市西区江戸堀
建物名 マルカイコーポレーション物流倉庫
構造・規模 RC4建倉庫
基礎構造 ベタ基礎
復元総重量 約 4500t
復元平面積 435m²
最大沈下量 378mm
支持地盤土質 砂質土、粘性土
注入孔数 70ポイント
施工方式 多点インターバル方式
工期 40日間

実施施工

薬液注入による傾斜復旧時は細心の建物や周辺のレベル計測、調整を行い、建物の確実な傾斜復旧と周辺を現状維持することに成功した。
osakanisikusoukoseka.jpg


施工概要

商業地域で南北道路は建物壁面まで約60cmと狭い。アップする西側は鉄骨店舗となっており壁面まで約1.2mで店舗設備機器が並ぶ。±0になる東側はお寺と木造住宅となっており壁面まで約80cmと狭い。
既存建物の補強も兼ねて鋼管圧入工法でのジャッキアップを計画しましたが経済的理由の為、JOG注入により建物の傾斜復旧を行うことに決定した。見えない土中での注入作業になり、直下地盤はGL-5m付近まで砂質土や粘性土の軟い層が確認されヒービングが想定された、道路や近隣建物側にヒービング対策を創業45年以上の曳きやジャッキアップの経験のある専門会社「坂井家起こし」で監修のもと計画実行されました。南北道路面は地中遮断壁による注入薬液や注入圧力の遮断。西側は傾斜復旧初期にかかる過度の注入圧力を抑制する為、鋼管杭を設置し、油圧ジャッキにより西側の建物重量を軽減させ、注入圧力による鉄骨店舗へのヒービング対策を計画した。東側は±0となり注入圧力がかかりにくいが建物の傾斜が1mで2cmの勾配があり基礎の根入れが-2m下まで有る為、壁面が近隣住宅側に4cm接近する。この4cmを土中で吸収するように壁面の間の土砂をほぐして計測調整し隣家の現状維持の借り受けを計画した。

資料請求・お問い合わせ

下記のようなことでお困りの方のは是非一度、お気軽に調査・お見積もりのをご依頼ください。他業者様との相見積もり歓迎・強引な営業や、不安をあおる様な営業は一切いたしません。お客様に問題を解決する方法を必ずご用意しておりますので、まずはお電話か、メールフォームにてお問合わせくださいませ。

  • 住宅・ビル・擁壁・BOXなどの不同沈下
  • 工場・倉庫のコンクリート床のだわみ
  • 実際沈下してるかどうか気になる
  • 基礎工事時に沈下対策をしたい
  • 地震災害による地盤沈下の修復
  • 軟弱地盤の改良
お電話によるお問合せ
お問合せフォームはこちらから 調査お見積もりフォーム

お客様が分かります範囲にて、現状をお知らせ頂けますと概算のお見積もりをさせて頂きます。

資料請求フォーム

JOG工法の信頼性、特徴などを詳しく説明したパンフレットを送付させていただきます。