【地盤沈下修正、液状化の復元工事】JOG工法の施工事例:愛知県、三光寺本堂傾斜調整工事の施工詳細

愛知県、三光寺本堂傾斜調整工事

更新日:

施工写真写真をクリックすると拡大します

本堂正面

本堂正面

施工後 (約50㎜UP)

施工後 (約50㎜UP)

施工図面

施工図面

その他の写真1
その他の写真2
その他の写真3
その他の写真4
その他の写真5
その他の写真6
その他の写真7
その他の写真8

建物概要

所在地 愛知県豊田市
建物名 三光寺本堂
構造・規模 伝統工法
基礎構造 ベタ基礎に改造
復元総重量 約 約60t(盛土部約150t)t
復元平面積 50m²
最大沈下量 60mm
支持地盤土質 粘性土層
注入孔数 17ポイント
施工方式 多点インターバル方式
工期 7日間

実施施工

調査した結果、基礎というよりも、無筋の盛土擁壁の上に本堂土台がのっている状態だった。その為、盛土を少し掘り下げ、擁壁や束石からアンカーを取りベタ基礎に改造する工事を施した。
 JOG復元注入を行う際も、基礎直下での従来注入では、安息角もオーバーしている上に無筋の擁壁では主働土圧に耐えられないと判断し、盛土下(1400mm下)からの注入で沈下修正を行った

施工概要

この建物の正面側は明治初期に造られ、裏部分は昭和に入ってから増築された。その増築部分が数十年前に傾いた(傾斜率10/1000)。その為、傾斜方向に支柱を設け、ブレスなどの耐震工事が施されていた。しかし元は釘を使わない伝統工法(免震構造)である。
 本来の姿に戻すべく、いらない支柱やブレスなどを取り除く為、支持地盤を固め、沈下修正することになった。

資料請求・お問い合わせ

下記のようなことでお困りの方のは是非一度、お気軽に調査・お見積もりのをご依頼ください。他業者様との相見積もり歓迎・強引な営業や、不安をあおる様な営業は一切いたしません。お客様に問題を解決する方法を必ずご用意しておりますので、まずはお電話か、メールフォームにてお問合わせくださいませ。

  • 住宅・ビル・擁壁・BOXなどの不同沈下
  • 工場・倉庫のコンクリート床のだわみ
  • 実際沈下してるかどうか気になる
  • 基礎工事時に沈下対策をしたい
  • 地震災害による地盤沈下の修復
  • 軟弱地盤の改良
お電話によるお問合せ
お問合せフォームはこちらから 調査お見積もりフォーム

お客様が分かります範囲にて、現状をお知らせ頂けますと概算のお見積もりをさせて頂きます。

資料請求フォーム

JOG工法の信頼性、特徴などを詳しく説明したパンフレットを送付させていただきます。