【地盤沈下修正、液状化の復元工事】JOG工法の施工事例:Christchurch Art Gallery のJOG工法による沈下補正工事の施工詳細

Christchurch Art Gallery のJOG工法による沈下補正工事

超大型構造物の災害復旧工事
更新日:

施工写真写真をクリックすると拡大します

建物全景

建物全景

建物全景2

建物全景2

外周部分

外周部分

地下駐車場

地下駐車場

その他の写真1
その他の写真2
その他の写真3
その他の写真4
その他の写真5
その他の写真6
その他の写真7
その他の写真8

建物概要

所在地 Crn. Worcester Blvd. & Montreal Street, Christchurch
建物名 Christchurch Art Gallery Te Puna o Waiwhetu
構造・規模
基礎構造 ベタ基礎、いかだ=ラフト基礎
復元総重量 約 30000t
復元平面積 全体約6700m²
最大沈下量 200mm
支持地盤土質 砂質土
注入孔数 289箇所ポイント
施工方式 多点インターバル注入
工期 5か月間

実施施工

施工計画は液状化対策の高圧撹拌噴射工法(ケミカルグラウト社の技術)を支持層から基礎下部-2mまで行った後にJOG工法による沈下補正工事を行うものであった。今回の一次工事では液状化対策が終わった所から随時、削孔、建て込み、表層の地盤反力造成注入を行った。
art gallery 00.jpg
アートギャラリーサイト内記事
地震直後のアートギャラリーショップ内動画

施工概要

 対象構造物は2003年にクライストチャーチに竣工した、ガラスとコンクリートの斬新な外観が特徴的な近代美術館であった。規模もオセアニア最大級で2011年のカンタベリー地震時には緊急対策本部としても使用されていた。
 度重なる地震の液状化により最大200㎜の不同沈下が発生していた。
 6000㎡以上の直接基礎で局部的に力が作用するような工法は不向きで、また地下水位より低い場所での施工も容易なJOG工法による沈下補正が採用される。

 平成テクノス以外にもURETEKグランドエンジニアリング(NZ)株式会社のもとオーストラリア、日本、米国などのから分野専門家が集結し国際チームが結成された。

資料請求・お問い合わせ

下記のようなことでお困りの方のは是非一度、お気軽に調査・お見積もりのをご依頼ください。他業者様との相見積もり歓迎・強引な営業や、不安をあおる様な営業は一切いたしません。お客様に問題を解決する方法を必ずご用意しておりますので、まずはお電話か、メールフォームにてお問合わせくださいませ。

  • 住宅・ビル・擁壁・BOXなどの不同沈下
  • 工場・倉庫のコンクリート床のだわみ
  • 実際沈下してるかどうか気になる
  • 基礎工事時に沈下対策をしたい
  • 地震災害による地盤沈下の修復
  • 軟弱地盤の改良
お電話によるお問合せ
お問合せフォームはこちらから 調査お見積もりフォーム

お客様が分かります範囲にて、現状をお知らせ頂けますと概算のお見積もりをさせて頂きます。

資料請求フォーム

JOG工法の信頼性、特徴などを詳しく説明したパンフレットを送付させていただきます。