【地盤沈下修正、液状化の復元工事】JOG工法の施工事例:国道118号線東鹿島1号BOXカルバート災害復旧工事の施工詳細

国道118号線東鹿島1号BOXカルバート災害復旧工事

BOXカルバート沈下修正工事
更新日:

施工写真写真をクリックすると拡大します

施工前

施工前

施工後

施工後

仮設橋

仮設橋

JOG参考図面

JOG参考図面

その他の写真1
その他の写真2
その他の写真3
その他の写真4
その他の写真6
その他の写真7
その他の写真8

建物概要

所在地 福島県鏡石町東鹿島
建物名 東鹿島1号ボックスカルバート
構造・規模 BOXカルバート
基礎構造 ベタ基礎
復元総重量 約 125t
復元平面積 125m²
最大沈下量 mm
支持地盤土質
注入孔数 24ポイント
施工方式 多点インターバル方式
工期 14日間

実施施工

迂回道路もなく、交通量もあり工事期間中118号線を通行止めすることが出来なかった。 その為上り線側、下り線側をそれぞれ別に行う方法や切りまわし仮設の迂回路を造る案もあったが、最終的に片側車線上に覆工板を架け車線規制することで、通行止めすることなく施工を行う事ができた。


NETIS登録No. KK-100070-A

施工概要

国道118号線東鹿島1号(函渠工)BOXカルバート(内寸4.00*3.50)が鏡石町東鹿島地先において、平成23年3月11日東北地方太平洋沖地震により被災した。
 変位形状としては、2つの繋がったBOXがそれぞれ両端が沈下することによりハ字に変形していた。
補修工法を検討した結果、「撤去新設案」「現状使用案」もあったが、注入工法による位置形状復元を行った後に継ぎ目補修を行うことになった。

資料請求・お問い合わせ

下記のようなことでお困りの方のは是非一度、お気軽に調査・お見積もりのをご依頼ください。他業者様との相見積もり歓迎・強引な営業や、不安をあおる様な営業は一切いたしません。お客様に問題を解決する方法を必ずご用意しておりますので、まずはお電話か、メールフォームにてお問合わせくださいませ。

  • 住宅・ビル・擁壁・BOXなどの不同沈下
  • 工場・倉庫のコンクリート床のだわみ
  • 実際沈下してるかどうか気になる
  • 基礎工事時に沈下対策をしたい
  • 地震災害による地盤沈下の修復
  • 軟弱地盤の改良
お電話によるお問合せ
お問合せフォームはこちらから 調査お見積もりフォーム

お客様が分かります範囲にて、現状をお知らせ頂けますと概算のお見積もりをさせて頂きます。

資料請求フォーム

JOG工法の信頼性、特徴などを詳しく説明したパンフレットを送付させていただきます。