【地盤沈下修正、液状化の復元工事】JOG工法の施工事例:広島県、太田川病院管理棟段差補修工事の施工詳細

広島県、太田川病院管理棟段差補修工事

異種基礎にみられるエキスパンジョイントの段差解消工事
更新日:

施工写真写真をクリックすると拡大します

建物全景

建物全景

施工前

施工前

施工後

施工後

JOG施工図

JOG施工図

その他の写真1
その他の写真2
その他の写真3
その他の写真4
その他の写真5
その他の写真6
その他の写真7
その他の写真8

建物概要

所在地 広島市東区戸坂千足1-21-25
建物名 医療法人社団輪仁会 太田川病院
構造・規模 鉄骨造5階建て事務所
基礎構造 ベタ基礎、地下ピット
復元総重量 約 800t
復元平面積 120m²
最大沈下量 100mm
支持地盤土質 粘性土層
注入孔数 17ポイント
施工方式 多点インターバル方式
工期 16日間

実施施工

軟弱地盤の為、下記グラフにみられるように、隆起後のリバウンドも大きく、上げ越しを含んだ最終目標高を設定するのが難しかったが、何とか無事に施工することができた。

hirosimaootagawaseika.jpgのサムネイル画像

施工概要

管理棟は平成14年3月に完成してから現在にいたるまでに約11年間で最大100㎜程度沈下していた。ボーリング調査結果から沈下原因は支持地盤はN値1~2の粘性土層(細砂~中砂を混入する砂質~砂混りシルト、ほぼ均質な粘性質シルトで構成され、腐植物を混入する。)で層厚約4.50mの部分が圧密したと思われる。
構造物は剛性もあり、ほぼ均等に沈下している不同沈下にみられる機能障害は起こっていなかったが、本館側が杭基礎構造だった為、EXP.J部分で段差が生じていた。病院という事もあり「車いす」やス「トレッチャー」などの走行がしやすいようにスロープでなくJOG工法で建物を全体的にリフトアップすることによって段差補修しバリアーフリー化を行うことになった。


資料請求・お問い合わせ

下記のようなことでお困りの方のは是非一度、お気軽に調査・お見積もりのをご依頼ください。他業者様との相見積もり歓迎・強引な営業や、不安をあおる様な営業は一切いたしません。お客様に問題を解決する方法を必ずご用意しておりますので、まずはお電話か、メールフォームにてお問合わせくださいませ。

  • 住宅・ビル・擁壁・BOXなどの不同沈下
  • 工場・倉庫のコンクリート床のだわみ
  • 実際沈下してるかどうか気になる
  • 基礎工事時に沈下対策をしたい
  • 地震災害による地盤沈下の修復
  • 軟弱地盤の改良
お電話によるお問合せ
お問合せフォームはこちらから 調査お見積もりフォーム

お客様が分かります範囲にて、現状をお知らせ頂けますと概算のお見積もりをさせて頂きます。

資料請求フォーム

JOG工法の信頼性、特徴などを詳しく説明したパンフレットを送付させていただきます。