【地盤沈下修正、液状化の復元工事】JOG工法の施工事例:潮来市、液状化による沈下住宅の復元工事の施工詳細

潮来市、液状化による沈下住宅の復元工事

更新日:

施工写真写真をクリックすると拡大します

その他の写真1
その他の写真2
その他の写真3
その他の写真4
その他の写真5
その他の写真6
その他の写真7
その他の写真8

建物概要

所在地 茨城県潮来市日の出
建物名 一般住宅
構造・規模 木造2階建て
基礎構造 ベタ基礎
復元総重量 約 40t
復元平面積 約65m²
最大沈下量 約250mm
支持地盤土質 砂質土
注入孔数 21ポイント
施工方式 多点インターバル方式
工期 11日間

実施施工

 また、舗装された道路は沈降せず宅地だけが沈んだために、道路が敷地より高くなってしまっている場所であった。自治体に対し住民からは「道路そのものの高さを低くしてほしい」との要望が寄せられたが、まだ方針が決まってはいなかった。
本物件復旧にあたっては約150㎜傾斜の復元を行い、尚も家全体を100㎜UPすることにより、現状のままでも(道路を低くしなくても)必要排水勾配を確保することができた。

施工概要

 東日本大震災で2011年3月11日に震度6弱を記録した茨城県潮来市。同市の日の出地区は海に面していない住宅街だが埋め立て地で、近くに霞ヶ浦、利根川、北浦などの湖沼や河川がある。潮来は【水郷】という名が示すとおり、かつて霞ヶ浦の一部であった沼地が干拓によって次第に陸地化され、人為的に造られた土地という特性があり液状化被害の直撃を受けました。

資料請求・お問い合わせ

下記のようなことでお困りの方のは是非一度、お気軽に調査・お見積もりのをご依頼ください。他業者様との相見積もり歓迎・強引な営業や、不安をあおる様な営業は一切いたしません。お客様に問題を解決する方法を必ずご用意しておりますので、まずはお電話か、メールフォームにてお問合わせくださいませ。

  • 住宅・ビル・擁壁・BOXなどの不同沈下
  • 工場・倉庫のコンクリート床のだわみ
  • 実際沈下してるかどうか気になる
  • 基礎工事時に沈下対策をしたい
  • 地震災害による地盤沈下の修復
  • 軟弱地盤の改良
お電話によるお問合せ
お問合せフォームはこちらから 調査お見積もりフォーム

お客様が分かります範囲にて、現状をお知らせ頂けますと概算のお見積もりをさせて頂きます。

資料請求フォーム

JOG工法の信頼性、特徴などを詳しく説明したパンフレットを送付させていただきます。