【地盤沈下修正、液状化の復元工事】JOG工法の施工事例:神戸市、液状化現象によるオフィスビル地盤沈下の復元の施工詳細

神戸市、液状化現象によるオフィスビル地盤沈下の復元

独立地中梁・実施例
更新日:

施工写真写真をクリックすると拡大します

施工前

施工前

施工後

施工後

JOG施工中

JOG施工中

建物概要

所在地 神戸市中央区北長狭通
建物名 オフィスビル
構造・規模 RC構造、4階建て
基礎構造 独立地中梁
復元総重量 約 約740t
復元平面積 約63m²
最大沈下量 400mm
支持地盤土質 砂質土
注入孔数 11ポイント
施工方式 多点インターバル方式
工期 10日間

実施施工

この建物は両端に独立基礎があり、地中梁によって補強されている。独立基礎部に5本の注入管を設置し、流動性のない懸濁性薬液を圧入し地盤を圧縮強化しながら復元した。また、地中梁下部と土間に隙間が発生する為、内部より充填注入を行った。

施工概要

阪神大震災において、広い地域で激震による振動で雑多な土質の緩みが発生し、最大400mm沈下したが、建物の柱や壁などにはほとんど亀裂が見られず、構造体に損傷はしていなかった。

資料請求・お問い合わせ

下記のようなことでお困りの方のは是非一度、お気軽に調査・お見積もりのをご依頼ください。他業者様との相見積もり歓迎・強引な営業や、不安をあおる様な営業は一切いたしません。お客様に問題を解決する方法を必ずご用意しておりますので、まずはお電話か、メールフォームにてお問合わせくださいませ。

  • 住宅・ビル・擁壁・BOXなどの不同沈下
  • 工場・倉庫のコンクリート床のだわみ
  • 実際沈下してるかどうか気になる
  • 基礎工事時に沈下対策をしたい
  • 地震災害による地盤沈下の修復
  • 軟弱地盤の改良
お電話によるお問合せ
お問合せフォームはこちらから 調査お見積もりフォーム

お客様が分かります範囲にて、現状をお知らせ頂けますと概算のお見積もりをさせて頂きます。

資料請求フォーム

JOG工法の信頼性、特徴などを詳しく説明したパンフレットを送付させていただきます。