【地盤沈下修正、液状化の復元工事】JOG工法の施工事例:日の出小学校・日の出中学校エレベーター棟災害復旧工事の施工詳細

日の出小学校・日の出中学校エレベーター棟災害復旧工事

エレバーター棟傾斜復旧工事
更新日:

施工写真写真をクリックすると拡大します

その他の写真1
その他の写真2
その他の写真3
その他の写真4
その他の写真5
その他の写真6
その他の写真7
その他の写真8

建物概要

所在地 千葉県浦安市日の出3丁目2-1
建物名 日の出小学校・日の出中学校エレベーター棟
構造・規模 鉄骨ALC地上3階
基礎構造 ベタ基礎
復元総重量 約 30t
復元平面積 25m²
最大沈下量 58.6mm
支持地盤土質 砂質土
注入孔数 12ポイント
施工方式 多点インターバル方式
工期 12

実施施工

小学校エレベーター棟に於いては、瞬結性グラウトを主に注入していた。日々のリバウンド(注入後の沈下)もほぼなく、順調に工事が進められた。又、小学校エレベーター棟に対し中学校エレベーター棟の隆起速度が速かった為、硬化時間(ゲルタイム)の長い中結性グラウトを主とした注入に切替た。瞬結性グラウトに比べ、隆起速度は劣るが、空隙を作らず隆起させるため、リバウンドもほぼなく、建物に影響を与えることなく、小学校エレベーター棟で最大35mm、中学校エレベーター棟で89mmの隆起に成功した。また、室内計測においてもほぼ水平に復元し作業を終了した。


NETIS登録No. KK-100070-A

施工概要

今回のJOG施工は、3.11震災にて大きく沈下した日の出小学校・日の出中学校各エレベーター棟の隣接する校舎の取り合い箇所を基準にし、それより沈下の激しい部位を構造体に負担を掛けず1階床を極力水平に復元する、又各エレベーターシャフトを極力水平に修繕する事を目的に行った。
 工事期間中は、沈下量の少ない小学校のエレベーター棟より着手し、注入による影響を最小限に抑えながら、沈下量の大きい中学校のエレベーター棟の施工に移行した

資料請求・お問い合わせ

下記のようなことでお困りの方のは是非一度、お気軽に調査・お見積もりのをご依頼ください。他業者様との相見積もり歓迎・強引な営業や、不安をあおる様な営業は一切いたしません。お客様に問題を解決する方法を必ずご用意しておりますので、まずはお電話か、メールフォームにてお問合わせくださいませ。

  • 住宅・ビル・擁壁・BOXなどの不同沈下
  • 工場・倉庫のコンクリート床のだわみ
  • 実際沈下してるかどうか気になる
  • 基礎工事時に沈下対策をしたい
  • 地震災害による地盤沈下の修復
  • 軟弱地盤の改良
お電話によるお問合せ
お問合せフォームはこちらから 調査お見積もりフォーム

お客様が分かります範囲にて、現状をお知らせ頂けますと概算のお見積もりをさせて頂きます。

資料請求フォーム

JOG工法の信頼性、特徴などを詳しく説明したパンフレットを送付させていただきます。