【地盤沈下修正、液状化の復元工事】JOG工法の施工事例:マンホール及びヒューム管のレベル調整工事の施工詳細

マンホール及びヒューム管のレベル調整工事

埋設構造物を注入によりリフトアップした事例
更新日:

施工写真写真をクリックすると拡大します

復元構造物の同タイプ1

復元構造物の同タイプ1

復元構造物の同タイプ2

復元構造物の同タイプ2

プラントコンテナ

プラントコンテナ

JOG施工図

JOG施工図

その他の写真1
その他の写真2
その他の写真3
その他の写真4
その他の写真5
その他の写真6
その他の写真7
その他の写真8

建物概要

所在地 ニュージーランド
建物名 RCマンホール 、ヒューム管
構造・規模 既製品マンホール2m×2m 、ヒューム管2m×20
基礎構造 直接基礎
復元総重量 約 2t
復元平面積 ヒューム管20m程度、マンホール4.41m²
最大沈下量 -130mm
支持地盤土質 シルト混ざりの砂礫
注入孔数 24ポイント
施工方式 多点インターバル方式
工期 7日間

実施施工

当初はマンホール最大130㎜の修正計画であったが、現地ではインフラ整備が急ピッチで行われ復元対象マンホールから延長する新設ヒューム管工事も同時に進められていた。
しかし、工事過程で矢板を抜いた際に新設ヒューム管が沈下したした為、計画復元量を少なくするか新設部分も嵩上げするかで協議することになった。
協議の結果、復元量を1/3程度にすることで、新設部分との取り合いを確保し施工することになった。

施工概要

New Zealandでは、2011年2月のカンタベリー地震とその余震により、クライストチャーチ市などで広範囲の液状化被害が発生。2年が過ぎた現在(2013年6月)も中心地はレッドゾーンとして立ち入り禁止地区が大半を占めている状況である。
マンホールとヒューム管は地震前の推進工法施工中に、軟弱地盤とそうでない地盤の絡みと地中に樹木等があった為、推進が真っすぐ施工できなかったことや、カンタベリー地震の液状化現象により躯体が設計勾配の逆に不同沈下していた。

資料請求・お問い合わせ

下記のようなことでお困りの方のは是非一度、お気軽に調査・お見積もりのをご依頼ください。他業者様との相見積もり歓迎・強引な営業や、不安をあおる様な営業は一切いたしません。お客様に問題を解決する方法を必ずご用意しておりますので、まずはお電話か、メールフォームにてお問合わせくださいませ。

  • 住宅・ビル・擁壁・BOXなどの不同沈下
  • 工場・倉庫のコンクリート床のだわみ
  • 実際沈下してるかどうか気になる
  • 基礎工事時に沈下対策をしたい
  • 地震災害による地盤沈下の修復
  • 軟弱地盤の改良
お電話によるお問合せ
お問合せフォームはこちらから 調査お見積もりフォーム

お客様が分かります範囲にて、現状をお知らせ頂けますと概算のお見積もりをさせて頂きます。

資料請求フォーム

JOG工法の信頼性、特徴などを詳しく説明したパンフレットを送付させていただきます。